SITE MAP
ガラスコーティング専門店トラフィック
ガラスコーティング専門店トラフィック
HOME トラフィックで施工するメリット ご利用の流れ 価格表 無料見積
信頼できるコーティング専門店の選び方
間違いだらけのコーティング業界
トラフィック公式ブログ
トラフィックがこだわる下地処理
コーティング施工手順
コーティングメニュー
ブレードガラスコーティング
クォーツガラスコーティング
トラフィックガラスコーティング
オプションメニュー
ホイールコーティング
ウインドウコーティング
メッキモールコーティング
樹脂パーツコーティング
幌コーティング
お役立ちコンテンツ
塗装ミスト・ペンキ等の除去
よくある質問Q&A
意外と知らない正しい洗車方法
会社案内
営業内容
アクセスマップ
掲載紙情報
リンク
個人情報の取り扱い
代表プロフィール
トラフィック マップ
 

  Q.親水タイプと撥水タイプって何が違うの?
A.親水タイプは、水を弾かずボディ表面に水が張り付く感じになります。
あまり洗車しなくても「なんとなくキレイ」という状態を保てます。
当社の考え方としては、親水タイプは、あまり洗車をしない人にお勧めしています。
撥水タイプはその名の通り、水を弾き、ボディ表面に残った水が水玉状になり転がる感じになります。
こちらは、洗車を頻繁にしてピカピカな状態を保ちたいと考えている人にお勧めしています。

Q.キズはどの程度までキレイになるの?
A.車の地金やプライマー層まで達しているキズ、つめが掛かるような深いキズは消せませんが、
軽い擦り傷や洗車による浅めのキズであれば、キレイに消す(実際は目視出来ないレベル)ことが
出来ます。

Q.コーティングの上にワックスを使用しても大丈夫?
A.ワックスに含まれる油分が汚れの付着原因になりますので、使用は避けたほうが良いです。
当社ではお勧めはしません。

Q.新車でも磨きは必要なの?
A.経年車はもとより、新車にも磨きは必須です。
ご説明すると、新車はメーカーの製造工場を出荷する際まずガードワックスをかけられます。
その後、陸送や海上輸送等により一時的にモータープール集められ屋外保管されます。
後に、順次全国の販売店へ搬送されるのですが、長期にわたり屋外保管されていた車は、
ここでもう一度ワックスをかけられます。販売店に入荷後もすぐにユーザーの手に引き渡される訳ではなく、
納車の手続きなどで数日間は屋外駐車場に保管される場合がほとんどです。このように新車といえども、
ユーザーの手に届くまでにかなりの時間、風雨、紫外線にさらされます。結果、屋外に保管されている時間が
長ければ長いほど塗装は劣化し、時間と共に汚れやワックスの油分等が塗装に染み込んでしまうのです。
経年車は、この状態がさらに悪化したものと言えるでしょう。

Q.ガラスコーティングって効果が半永久的って本当?
A.ある意味本当です。しかしこれには条件があります。
ガラスコーティングを施工した車に一切乗らず、触らず、埃がたたない密閉空間にしまっておく、です。
要は物理的衝撃(洗車等ボディに対し力を加える行為)を与えることなく、汚染物質(酸性雨、黄砂、土等)や、
それらを起因とする二次的被害(紫外線等)に晒されることがない環境であれば、ということです。
でも実際に皆さんは、雨の日も風の日も晴れの日も車に乗って、汚れたら洗車もしますよね?
だから半永久はありえないんです。
メールでのお問い合わせは